株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=144円安、米中対立を警戒しリスク回避の売り 11月20日15時45分

 20日の東京株式市場は売り優勢、日経平均は一時200円を超える下げをみせた。後場は下げ渋ったものの戻り足は限定的だった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比144円08銭安の2万3148円57銭と続落。東証1部の売買高概算は13億5372万株、売買代金概算は2兆1575億2000万円。値上がり銘柄数は680、対して値下がり銘柄数は1388、変わらずは86銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウが100ドルあまり下落したことや、為替が前日よりもやや円高水準で推移したこと、香港をはじめアジア株市場が総じて軟調だったことなどを受け、日経平均は下値を探る展開となった。前日に米議会上院で「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決したのに対し、中国側が反発、これが米中協議の先行きにネガティブな思惑を与え、リスク回避の売りを誘発した。ここ強い動きを示していた香港ハンセン指数もきょうは4日ぶりに反落、中国上海株など他のアジア株市場も総じて弱い動きとなり、投資家心理を冷やした。海運株や石油株が売られたほか、機械株や自動車株など概して景気敏感株が冴えない動き。値下がり銘柄数は1400近くに達し、東証1部全体の約3分の2に当たる銘柄が値を下げた。

 個別では、トヨタ自動車<7203.T>が軟調、ソニー<6758.T>も冴えない。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクも売りに押され、ファーストリテイリング<9983.T>が安い。東京エレクトロン<8035.T>、村田製作所<6981.T>なども軟調。すてきナイスグループ<8089.T>が急落、福島銀行<8562.T>も売られた。オープンハウス<3288.T>、アウトソーシング<2427.T>なども水準を切り下げた。

 半面、任天堂<7974.T>が高く、田辺三菱製薬<4508.T>も商いを伴い続急騰。ローム<6963.T>も上値を伸ばした。木村化工機<6378.T>がストップ高、澤藤電機<6901.T>も値を飛ばした。あすか製薬<4514.T>、アイル<3854.T>が物色人気、大日本住友製薬<4506.T>も売買高を膨らませ高い。KIMOTO<7908.T>が上昇、TOKYO BASE<3415.T>も値を上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・20日>(大引け)=PCA、ブイキューブ、トビラシステなど
大日本住友が一時11%高と全体相場に逆行、買収予定企業の臨床結果を材料視
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »