株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

T-BASEが一時9%超高と急伸、国内大手証券は「1」へ引き上げ 11月20日11時04分

 TOKYO BASE<3415.T>が急伸。株価は一時、前日に比べ9.3%高に買われた。大和証券は19日、同社株のレーティングを「2(アウトパフォーム)」から「1(買い)」へ引き上げた。目標株価の900円は据え置いた。利益成長力の回復を評価している。同社は、衣料品のセレクトショップ「STUDIOUS」などを展開。第2四半期(3~8月)の連結営業利益は前年同期比24%増の5億8400万円だった。この結果に対して、同証券では「セール販売減少により粗利率改善、中国進出も順調でありポジティブな印象」と指摘。香港店はデモの影響があるが、中国本土に初進出した上海店は初日売上高が目標の1000万円を超え、順調なスタートを切ったとみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日本通信は大幅続伸、貸借倍率0.69倍で需給相場の兆し
日経レバが続落、全体相場の下げ局面で商い活発化し売買代金は断トツ◇
20日中国・上海総合指数=寄り付き2928.1068(-5.8840)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »