株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブイキューブは一段高、ノイズキャンセリングアプリケーションの国内独占販売を開始 11月20日13時37分

 ブイキューブ<3681.T>が後場一段高となっている。同社は19日、米クリスプ・テクノロジーズが手掛けるノイズキャンセリングアプリケーション「Krisp(クリスプ)」の日本国内独占販売契約を締結し、提供を始めたと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。

 「Krisp」は、Web会議で課題となる音声の品質を改善し、快適なコミュニケーションを実現するサービス。ブイキューブは自社のWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」を利用する顧客だけでなく、他のWeb会議サービスを利用する顧客にも「Krisp」を提供することで、働き方改革やテレワークの実現を支援するとともに、新たな顧客層の拡大を目指すとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月20日 13時
日本金属は軟調、板橋工場の火災による影響を懸念
大日本住友が一時11%高と全体相場に逆行、買収予定企業の臨床結果を材料視


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »