株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

豊田合が20年3月期業績予想を下方修正 11月22日16時00分

 豊田合成<7282.T>がこの日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、売上高を8450億円から8400億円(前期比0.1%減)へ、営業利益を410億円から210億円(同42.5%減)へ、最終利益を250億円から120億円(同48.5%減)へ下方修正した。

 同時にドイツ生産子会社の豊田合成メテオール(TGM)の全株式を同国のプライベートエクイティファンドの傘下企業に譲渡すると発表しており、TGM及びTGM子会社が連結子会社から除外されることや事業整理損失を計上する予定であることが、売上高・利益を押し下げるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アンジェスが「コラテジェン」の閉塞性動脈硬化症を対象とした米国臨床試験を開始
午後:債券サマリー 先物は続落、流動性供給入札の結果は弱め
日本一ソフトが「ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団」の発売を延期


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »