株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:博展は急騰、LinkーUがストップ高 11月29日16時02分

<4446> LinkーU 5120 +705
ストップ高。集英社と新規マンガ配信サービスに関する業務提携を行うと発表している。Link-Uのサーバーインフラ技術、データ処理技術及びコンテンツ処理技術を活用し、ユーザーへの訴求力の高い集英社コンテンツを電子コンテンツとして多数のユーザーに配信することで両社の収益拡大を図る。報酬はユーザー課金及び広告収益に応じて両社のレベニューシェア比率に応じて配分する。

<2173> 博展 727 +65
急騰。15万株(1億円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式数(自社株を除く)に対する割合は1.89%。取得期間は29日から20年3月31日まで。株主還元の強化及び資本効率の向上を図るとともに、将来の機動的な資本政策を可能とすることが目的。また、サステナビリティに関するコミュニティイベント「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」を20年2月19、20日に開催する。

<7044> ピアラ 2504 +64
大幅に5日続伸。新たに株主優待を導入すると発表している。保有期間に応じてQUOカードを贈呈する。QUOカードの金額は12月31日時点を起算日として保有期間1年未満で1000円分、1年以上で1500円分。株式投資の魅力を高め、自社への理解を深めてもらうことが目的。優待制度新設に加え、株価が25日移動平均線を上抜けたことも投資資金の流入につながったようだ。

<6629> テクノホライゾ 805 -4
大幅に3日続落後下げ幅縮小。連結子会社のエルモが、学校・教育機関向けコンパクト書画カメラ(実物投影機)向けの顕微鏡アタッチメントを20年1月末に発売すると発表している。ただ、20日に学校・教育機関向けに4K書画カメラ(実物投影機)を発売すると公表。26日には年初来高値(850円)を付けており、アタッチメント発売は株価を押し上げる材料としては力不足との見方から利益確定売りに押されたようだ。

<4565> SOSEI 2289 +17
大幅続伸後上げ幅縮小。同社の「ウルティブロブリーズへラー」が慢性閉塞性肺疾患治療薬として中国で19年の国家医療保険償還医薬品リストに収載されたと発表している。リスト掲載により、対象患者の新規吸入剤へのアクセスが改善されるとしている。ウルティブロブリーズへラーは「シーブリブリーズヘラー」とともに中国で19年3月に販売が開始されている。両剤はEUや日本など100カ国以上で承認されているという。

<7803> ブシロード 4000 +40
大幅に3日ぶり反発。従来より東証マザーズの制度信用銘柄に選定されているが、新たに貸借銘柄に選定されたと発表している。選定日は29日で、同日売買分から実施される。同社は「当社株式の流動性及び需給関係の向上を促進し、売買の活性化と公正な価格形成に資する」とコメントしている。日証金も貸借銘柄に追加した。25日移動平均線が下値支持線として意識されていることも株価の堅調につながったようだ。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »