株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 阿波製紙、日本電波工業、横河電機など 11月30日07時15分

銘柄名<コード>29日終値⇒前日比

阿波製紙<3896> 518 +80
デンソー<6902>などがセルロースナノファイバー採用の
自動車部品実用化との報道で思惑。

星光PMC<4963> 1006 +45
セルロースナノファイバー関連として思惑。

アルファクス<3814> 1413 +58
国交省管轄の道の駅にセルフレジ採用。

鉄人化計画<2404> 372 +10
子会社TBHがまつ毛エクステ・ネイルサロン10店舗を事業譲受と。

東和フード<3329> 1629 +14
上期営業利益は前年同期比32%増で会社計画上振れ。

ファルテック<7215> 1365 +40
引き続き自動ブレーキ関連として買われる。

日本電波工業<6779> 612 +70
28日から大真空の株高に連れ高する動き。

大真空<6962> 1516 +129
決算説明会をポジティブ視で前日から急伸。

TATERU<1435> 252 +20
週初高値からの調整一巡感も強まり。

富士通ゼネラル<6755> 2079 +65
米系証券で買い推奨の観測も。

ジャパンディスプレイ<6740> 71 +3
28日は不正会計の告発などもあって目立つ下げに。

システム情報<3677> 1107 +37
一目均衡表雲突破などのテクニカル妙味も。

ワコム<6727> 446 +14
25日線を下値支持線として意識。

横河電機<6841> 2003 +44
大和証券では「3」から「2」へ格上げ。

住友電気工業<5802> 1634 +19
直近ではアナリストの投資判断格上げの動きが目立ち。

BEENOS<3328> 1562 +34
短期突っ込み警戒感から押し目買いも優勢に。

オリバー<7959> 4735 -225
28日にかけての一段高の反動で利食い売り。

ぐるなび<2440> 1047 -43
公取委が情報サイトによる予約座席囲い込みを問題視と。

しまむら<8227> 8780 -360
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げしている。

ミライト・ホールディングス<1417> 1634 -67
CBの繰り上げ償還による需給悪化を警戒と。

ライト工業<1926> 1551 -40
いちよし証券ではレーティングを引き下げ。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »