株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は7日ぶりに反落、物色は個別材料株などにとどまる 12月02日16時07分

 本日のマザーズ指数は7日ぶりに反落となった。米国の年末商戦への期待感に加え、中国の製造業PMIが50を上回ったことが買い戻しを誘う格好となり、日経平均が買い先行後も上げ幅を広げる展開となるなか、マザーズ指数も買いが先行して取引を開始。
ただ、本日の全体感としては資金が主力市場に向かう展開で、個別材料株の物色の域を出ず、前引けにかけてマザーズ指数はマイナス転換。後場もそのままマイナス圏でのもみ合いに。なお、マザーズ指数は7日ぶりに反落、売買代金は概算で837.72億円。
騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり119銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、ストップ高まで買われたセルソース<4880>がマザーズ売買代金トップにランクイン。先週から強い値動きを見せているAI CROSS<4476>も買いが継続。19年12月期の営業利益予想を従来の11.68億円から13.64億円に上方修正したGNI<2160>も買われた。また、武田薬と岩手医科大学と共同でパーキンソン病の診断、治療に関する研究を開始すると発表したFRONTEO<2158>は一時460円まで急伸。クラウドPOSレジ「スマレジ」の累積取扱高が2兆円を突破したと公表したスマレジ<4431>にも関心が向かった。その他、Amazia<4424>、247<7074>、ジェイック<7073>、ナノキャリア<4571>などが買われた。一方、10月度の「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数が短期的な利食いを誘ったトビラシステムズ<4441>が5%安。その他、そーせい<4565>、ホープ<6195>、Sansan<4443>、メルカリ<4385>、メドピア<6095>、弁護士ドットコム<6027>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »