株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発で高値圏着地、中国景気減速懸念の後退で買い優勢 12月02日11時47分

 2日前引けの日経平均株価は前営業日比257円97銭高の2万3551円88銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億5148万株、売買代金概算は7933億7000万円。値上がり銘柄数は1507、対して値下がり銘柄数は543、変わらずは104銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は買い優勢の展開となり、日経平均は寄り後も買いが続き心理的フシ目の2万3500円台に浮上、その後も目先筋の戻り売りをこなし、前場のほぼ高値圏で着地した。米中貿易協議の先行きに対する警戒感はあるものの、直近発表された中国の経済指標が堅調だったことを受け、リスクを取る動きが強まった。東証1部全体の7割の銘柄が上昇したが、売買代金は8000億円を下回るなど低調だった。

 個別では任天堂<7974.T>が売買代金トップで上昇したほか、ファーストリテイリング<9983.T>も高い。村田製作所<6981.T>、太陽誘電<6976.T>、キーエンス<6861.T>なども買われた。ダブル・スコープ<6619.T>が値を飛ばし、大研医器<7775.T>はストップ高となった。半面、アドバンテスト<6857.T>が冴えず、スズキ<7269.T>も軟調。トリケミカル研究所<4369.T>は値下がり率トップに売られた。ファルテック<7215.T>も大きく利食われた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トリケミカルが一時10%安、第3四半期業績モメンタムの悪化を嫌気
大研医器が急反発、同族企業が狙い目と紹介される
東京株式(寄り付き)=買い優勢、先物主導で不安定な動きも


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »