株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京製鉄は朝安後、横ばい圏で推移、国内大手証券は「2」へ引き下げ 12月02日13時36分

 東京製鐵<5423.T>は朝安後に値を戻し、横ばい圏で推移している。SMBC日興証券は11月29日、同社株の投資評価を「1」から「2」へ引き下げた。目標株価は1160円から950円に見直した。同社は10月に自社株買いを発表するなど積極的な株主還元を行っており、同証券では、この点に関しては好印象とみている。20年3月期の会社計画は一段の上振れの可能性があるとも予想している。もっとも、足もとのスプレッドは実質的に過去最高値圏にあるが、経常利益の水準は2000年代前半におよばない見通し。内需の落ち込みと世界的な競争激化で販売数量が低迷しているうえに、電力料金、物流費、資材などの値上がりで業績が圧迫されていることを懸念している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月02日 13時
フルテックが反発、自動ドア防護柵にデジタルサイネージを組み込んだ新製品発売
債券:国債買いオペ、「残存期間10年超25年以下」の応札倍率4.76倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »