株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アマダHDは3日ぶり反発、国内有力証券が目標株価を引き上げ 12月02日14時02分

 アマダホールディングス<6113.T>は3日ぶりに反発している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が11月29日付で、投資判断「オーバーウエート」を継続し、目標株価を1800円から2000円へ引き上げたことが好材料視されているようだ。

 同証券では、ファイバーレーザの成長による業績拡大と、積極的な株主還元が期待できるとの見方を継続。20年3月期は、日欧の設備投資減速感から需要低迷をより強く想定するが、原価率改善や経費削減をより強く織り込み、営業利益予想を415億円から461億円へ上方修正し、21年3月期も同443億円から458億円へ引き上げている。株価バリュエーションに割安感があり、再評価余地は大きいとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ACCESSが大幅反落、第3四半期営業赤字幅が拡大
ソニーが連日の年初来高値、クリスマス商戦意識して買い優勢の流れが続く
東京製鉄は朝安後、横ばい圏で推移、国内大手証券は「2」へ引き下げ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »