株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

鎌倉新書---急落、決算発表接近も意識で利食い売り優勢 12月05日13時51分

鎌倉新書<6184>は急落。特に目立った悪材料は観測されていないものの、一段高となった昨日までの1カ月間で株価は38%の上昇となっており、短期的な過熱感から利食い売りが優勢になっているものとみられる。12月12日には第3四半期決算発表を予定しているが、好決算期待は十分に織り込まれているとみられることで出尽くし感も意識、手仕舞いのタイミングが早まっている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »