株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ゼネコンなど建設関連株に物色の矛先、公共投資6兆円の追い風意識◇ 12月05日13時18分

 大成建設<1801.T>、大林組<1802.T>、清水建設<1803.T>.鹿島<1812.T>などゼネコン大手が揃って買い優勢の展開となっている。政府はきょう午後に財政支出13兆2000億円の経済対策を閣議決定する。これを背景に予算計上で恩恵を受ける銘柄に買いが集まりやすくなっている。特に財政支出の公共投資は6兆円程度を占めることで建設関連株への政策フォローの風が強く意識されている。建設会社のほか、コマツ<6301.T>などの建設機械メーカー、アジア航測<9233.T>や長大<9624.T>などの建設コンサルティング会社への恩恵も期待されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・5日>(前引け)=SOU、ソリトン、高度紙
ソリトンの上値指向鮮明、4連騰で8カ月半ぶり新高値◇
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »