株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は反落、HEROZが急騰するも指数は支えきれず 12月09日16時03分

 本日のマザーズ指数は反落となった。米株高の流れからマザーズ指数は買いが先行。ただ、今週は米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要な経済イベントを複数控えていることに加え、年末にかけてはIPOラッシュになることから積極的には動きにくいところでもあり、日経平均と同様に寄り付きが高値に。その後は前週末終値を挟んでのもみ合い。マザーズの主力株の値動きが軒並み冴えず、大引けにかけて若干値を戻したものの、後場については基本的にじりじりと下げ幅を広げる展開となった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で789.17億円。騰落数は、値上がり133銘柄、値下がり157銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、HEROZ<4382>がマザーズ売買代金トップにランクイン。公募増資の実施なども発表したものの、25日付での市場変更、1対2の株式分割、SMBC日興証券との業務提携契約締結を発表しポジティブ視された。アクセルマーク<3624>は引き続き短期資金の関心が継続。発表が遅れていた19年9月期の決算発表を9日に行うと公表したMTG<7806>は11%高。集英社と共同で新しい総合電子書店「ゼブラック」のサービスを開始したLink-U<4446>も9%高と急伸した。その他、ホープ<6195>、エディア<3935>、インパクト<6067>、TKP<3479>などが買われた。一方、メルカリ<4385>、Sansan<4443>、UUUM<3990>、ユーザベース<3966>などマザーズ時価総額上位の銘柄が売りに押された。
また、そーせい<4565>やサンバイオ<4592>、アンジェス<4563>などバイオ株も弱い。
その他、Amazia<4424>、AI CROSS<4476>、セルソース<4880>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »