株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブロックチェーンはコモディティ市場のプライシングを変えるか【フィスコ・仮想通貨コラム】 12月09日12時04分

ブロックチェーンは石油や天然ガス、金などコモディティの価格を決定するテクノロジーになる可能性があるという。12月3日、米Forbesが伝えている。

過去30年間、金、石油、天然ガスなどのコモディティは価格で設定方法は不透明だ。客観性に欠けるレポートや提示された価格が信頼性をより低めることとなり、規制サイドも取り締まりが困難な状況だ。

こうした中、近年注目が集まるブロックチェーンはすべての取引を安全かつ正確に補足するという特徴を持っていることから、コモディティの価格決定プロセスで新たなベンチマークを定める手段として期待されているという。報道によれば、ブロックチェーンの導入により、日中取引市場に流動性をもたらし、ほぼリアルタイムに価格が公開される他、新たな市場や取引機会をつくるなどさまざまなメリットが見込まれる。

液化天然ガス(LNG)の価格設定を例に挙げると、従来のプライシングは選別された取引レポートと人による判断によって行われている。これがブロックチェーンによって、仲介者は人の判断が介することがなくなり、透明性が増すことになる。また、過去の取引履歴も改ざんされることもなくなるため、コモディティ市場に大きな変革をもたらす可能性がある。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「仮想通貨コラム」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »