株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

外為サマリー:1ドル108円40銭台で推移、見極め要因多く上値重い 12月12日10時20分

 12日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=108円48銭前後と前日の午後5時時点に比べ20銭強のドル安・円高となっている。

 11日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=108円56銭前後と前日に比べ10銭強のドル安・円高で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)はこの日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決め、パウエルFRB議長は会見で「いまの政策金利は適切」と述べるなど当面は現在の金融スタンスを維持する姿勢を示唆。FRBの低金利政策が続くとの見方が広がると、108円40銭台に軟化する場面があった。

 将来的な米利下げの可能性が残るとあって、東京市場に移ってからも積極的なドル買い・円売りは入りにくい状況。また、米政権が15日に予定する対中追加関税の発動期限が迫るなか、一部で「トランプ米大統領は発動するかどうかを巡り、通商・経済顧問らと12日に協議する可能性が高い」と伝えられていることもドルの重荷となっているようだ。加えて、欧州連合(EU)離脱の行方を左右する英総選挙の投開票を迎えることや、欧州中央銀行(ECB)理事会の開催を控えていることもあり、午前9時過ぎ以降は108円40銭台を中心に上値の重い展開となっている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1136ドル前後と同0.0050ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=120円82銭前後と同30銭程度のユーロ高・円安となっている。


出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
太洋基礎はストップ高、第3四半期の好業績と自社株買いを好感
<注目銘柄>=ソフトクリエ、ECサイト構築パッケージの販売好調


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »