株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:ニューフレアは年初来高値を更新、シャノンがストップ高 12月13日16時34分

<4576> DWTI 511 +80
ストップ高。19年12月期の営業損益を従来予想の0.30億円の黒字から1.10億円の黒字(前期実績7.86億円の赤字)に上方修正している。眼科用治療剤DW-1001の日本での独占的開発権・製造権・販売権をロート製薬<4527>にライセンスアウトする契約を締結したことから、契約一時金を計上した。ロイヤリティ収入などが好調に推移していることも利益を押し上げる見込み。
<3976> シャノン 2075 +400
ストップ高。20年10月期の営業損益予想を前期比36.4%増の0.50億円の黒字と発表。マーケティングオートメーションで販売パートナー戦略の推進強化やインバウンド対応営業強化などに取り組む。19年10月期の営業損益は0.36億円の黒字(前期実績0.31億円の赤字)で着地した。サブスクリプション売上が当初想定を上回ったことに加え、業務効率化で人件費を抑制し、黒字転換に寄与した。
<2484> 出前館 1044 -30
大幅に反落。朝日新聞社との業務提携契約を20年6月14日に解消すると発表。新聞販売所の「ASA」を通じてシェアリングデリバリーの拡大を進めていたが、提携を再評価した結果、解消するに至ったという。個別で業務委託契約を締結している各「ASA」とは、今後協議していく。提携解消後は直営による配送を中心に展開する。株価が節目の1000円に向けて徐々に値を切り下げていることも重しになったようだ。
<7050> フロンティアI 2860 +500
ストップ高。20年4月期第2四半期累計の営業利益を前年同期比27.1%増の6.84億円と発表。東京五輪・パラリンピックを控え、イベント案件等による売上高の確保や嗜好品のプロモーション等の新規案件を実施し、利益率向上を進めたことが奏功した。通期予想は前期比2.3%増の11.52億円で据え置いた。進捗率は59.4%。2日に付けた直近高値(2485円)を上回ったことも買いを後押ししたようだ。
<6256> ニューフレア 13330 +1400
年初来高値を更新。HOYA<7741>が1株1万2900円でTOBを実施すると発表している。20年4月にTOB開始を目指す。HOYAは完全子会社化を目的としており、ニューフレアテクノロジー株は上場廃止となる見込み。完全子会社化で、EUVリソグラフィー領域でのシナジーや共通の顧客に対する製品ロードマップへの対応力および関係強化、マルチビームマスク描画装置を含む成長分野の開発加速を図る。
<1446> キャンディル 813 -26
朝高後マイナス転換。東証の承認を受け、19日から第1部に上場市場を変更すると発表している。キャンディルは「更なる企業価値の向上に努める」とコメントしている。20年1月末からTOPIX(東証株価指数)の構成銘柄に組み入れられることから、パッシブファンドなどの需要を期待した買いが入った。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »