株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 任天堂、ベース、スマレジなど 12月17日07時32分

銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
日鉄ソリューションズ<2327> 3605 -205
取引疑義の指摘などで特別調査委員会を設置と。

西松屋チェーン<7545> 940 -65
衣料部門伸び悩みなどで第3四半期は大幅減益決算。

ソースネクスト<4344> 430 -30
10月以降の下値支持線割り込み手仕舞い売り。

エニグモ<3665> 917 -38
第3四半期2ケタ増益決算発表も出尽くし感先行。

ダブル・スコープ<6619> 993 -44
株価大台回復による達成感も強まる。

福島銀行<8562> 271 -9
真空地帯を処分売りに押される展開。

大日本住友製薬<4506> 2100 -70
サンバイオとの再生細胞薬SB623のライセンス契約解消。

任天堂<7974> 45460 +530
中国でのスイッチ販売拡大期待が継続。

ベース<4481> 7550 -
16日新規上場、IPO銘柄活況の流れが波及。

ウエスコホールディングス<6091> 528 +80
第1四半期の大幅増益決算を評価へ。

恵和<4251> 1091 +95
直近IPO銘柄として関心向かう展開か。

アルチザネットワークス<6778> 1106 -175
第三者割当による新株予約権発行を発表。

日本KFCホールディングス<9873> 3370 -225
高値圏で利食い売りも集まる展開に。

スマレジ<4431> 3380 +436
20年4月期上期の営業利益は前年同期の約3倍の5.27億円で計画上振れ。

ツクルバ<2978> 1640 +219
スター・マイカHD子会社とリノベーションマンション販売事業で業務提携契約。

Link−U<4446> 5320 +170
20年1月15日を基準日に1対3の株式分割を実施すると発表。

ブシロード<7803> 3820 -5
20年7月期第1四半期の営業利益は12.03億円、
サンジゲンとの資本提携もあわせて発表。

イトクロ<6049> 1600 -210
19年10月期の営業利益は28.2%の減益着地、
20年10月期の営業利益は13億円を見込む。

ホープ<6195> 9670 -900
東証が16日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。

ダブルエー<7683> 3560 -700
20年1月期の業績予想を下方修正、営業利益は18.13億円から13.56億円に。

サンバイオ<4592> 3445 -700
大日本住友と北米での慢性期脳梗塞を対象とした
再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約を解消。

JMDC<4483> 3755 -
16日にマザーズ市場へ上場、公開価格を32.5%上回る3910円で初値形成。

ランサーズ<4484> 779 -
16日にマザーズ市場へ上場、公開価格を15.3%上回る842円で初値形成。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »