株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約36円押し上げ 12月17日12時56分

17日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり113銘柄、値下がり107銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は反発。77.96円高の24030.31円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えている。16日の米株式市場でNYダウは100ドル高と4日続伸し、S&P500指数やナスダック総合指数とともに過去最高値を更新した。米中が通商協議の「第1段階」で合意したことや中国の11月小売売上高、鉱工業生産が市場予想を上回ったことが好感された。全米住宅建設業協会(NAHB)の12月住宅市場指数も20年ぶりの高水準を記録し、世界経済減速への懸念が和らいだ。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで138.77円高の24091.12円からスタートし、取引時間中の年初来高値を更新。ただ、利益確定の売りが出て寄り付きを高値に上げ幅を縮めると、24000円近辺でもみ合う展開となった。東証1部の値上がり銘柄は全体の5割弱、対して値下がり銘柄は4割強となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテイリング<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約36円押し上げたほか、アステラス製薬<4503>、エムスリー<2413>、ファミリーマート<8028>、アドバンテスト<6857>などがそれに続いた。一方、値下がり寄与上位銘柄には、東京エレクトロン<8035>、電通<4324>、TDK<6762>、バンナムHD<7832>、エーザイ<4523>、京セラ<6971>が並んだ。電通は、海外事業の不振継続や構造改革費用計上などで業績予想を下方修正している。

*11:30現在

日経平均株価  24030.31(+77.96)

値上がり銘柄数 113(寄与度+139.17)
値下がり銘柄数 107(寄与度-61.21)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    67530          540 +19.45
<9984> ソフトバンクG     4531           75 +16.21
<4503> アステラス薬      1908           58 +10.45
<2413> エムスリー       3195          110 +9.51
<8028> ファミリーマート   2725           43 +6.20
<6857> アドバンテ       5870           80 +5.76
<9433> KDDI           3240           26 +5.62
<7733> オリンパス       1646           39 +5.62
<4568> 第一三共         7432          151 +5.44
<9766> コナミHD         4600          130 +4.68
<4543> テルモ          3901           26 +3.75
<4452> 花王           9075          103 +3.71
<6367> ダイキン        15985           85 +3.06
<6506> 安川電          4395           80 +2.88
<4507> 塩野義          6505           78 +2.81
<4519> 中外薬         10115           70 +2.52
<4506> 大日住薬         2168           68 +2.45
<4578> 大塚HD          5006           46 +1.66
<6954> ファナック       21745           45 +1.62
<4042> 東ソー          1756           86 +1.55

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        24665         -245 -8.83
<4324> 電通           3930         -210 -7.56
<6762> TDK           12440         -170 -6.12
<7832> バンナムHD       6556         -144 -5.19
<4523> エーザイ         8203          -69 -2.49
<6971> 京セラ          7462          -30 -2.16
<2502> アサヒ          5111          -43 -1.55
<2801> キッコーマン      5510          -40 -1.44
<7269> スズキ          4692          -38 -1.37
<6758> ソニー          7430          -36 -1.30
<6724> エプソン         1723          -15 -1.08
<7951> ヤマハ          6150          -30 -1.08
<7270> SUBARU          2797          -24 -0.86
<2002> 日清粉G         1984          -21 -0.76
<8830> 住友不          3913          -21 -0.76
<5108> ブリヂストン      4257          -20 -0.72
<6645> オムロン         6680          -20 -0.72
<7272> ヤマハ発         2297          -20 -0.72
<6113> アマダHD         1280          -20 -0.72
<7735> スクリン         7860         -100 -0.72



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »