株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅反落、IPO銘柄へと資金向かう、JTOWERの初値は2620円 12月18日16時17分

 本日のマザーズ指数は大幅反落であった。前日の米国株式市場では、英首相が欧州連合(EU)離脱について20年末までに完了する方針を示したことで、今後の混乱を予想する見方から上値は限られた。為替市場においても円安進行が一服となるなか、本日のマザーズ市場には朝方から売りが先行した。物色としても、現状は指数に寄与しない直近IPO銘柄へと短期資金が流入した一方で、マザーズ時価総額上位は揃って売られる展開となった。足元で軟調であったバイオ株の戻りも総じて鈍く、マザーズ指数は後場一段安になった。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1543.47億円。騰落数は、値上がり78銘柄、値下がり221銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、イトクロ<6049>やソレイジア<4597>が7%安になったほか、シャノン<3976>やアクトコール<6064>もそれに続いて大きく売られた。売買代金上位銘柄では、サンバイオ<4592>、フリー<4478>、メルカリ<4385>、GNI<2160>、そーせい<4565>、エヌ・ピー・シー<6255>、HEROZ<4382>が軟調。一方で、アリババグループであるAlifishが運営する「造点新貨」との業務提携を発表したマクアケ<4479>がストップ高水準まで買い進まれたほか、ランサーズ<4484>やメドレー<4480>といった直近IPO銘柄の上昇が目立った。
 なお、本日はマザーズ市場に3社が上場した。ユナイトアンドグロウ<4486>が買い気配のまま初日値付かずになったほか、JTOWER<4485>の初値は2620円(公開価格を63.8%上回る)、BuySellTechnologies<7685>の初値は3720円(同92.7%上回る)であった。そのほか、前日に上場したウィルズ<4482>が本日につけた初値は4535円(同約4.7倍)となった。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »