株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

後場に注目すべき3つのポイント~IPO銘柄物色も足の速さに注意 12月20日12時31分

20日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は3日続落、目先調整の流れ変わらず、IPO銘柄物色も足の速さに注意
・ドル・円は下げ渋り、安値圏推移も押し目買い
・値下がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はアステラス製薬<4503>

■日経平均は3日続落、目先調整の流れ変わらず、IPO銘柄物色も足の速さに注意

日経平均は3日続落。59.92円安の23804.93円(出来高概算5億3000万株)で前場の取引を終えている。19日の米株式市場でNYダウは137ドル高と反発し、過去最高値を更新した。ムニューシン財務長官が米中の第1段階の貿易合意は1月にも署名されると述べ、協議進展への期待が高まった。また、半導体大手マイクロン・テクノロジーは決算内容が好感され、他の半導体関連株にも買いが広がった。一方で12月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数など市場予想を下回る米経済指標が相次ぎ、為替相場は1ドル=109円台前半と前日よりやや円高方向に振れている。本日の日経平均は米株高を好感して28円高からスタートしたものの、その後マイナスに転じ、前場中ごろには一時23746.63円(118.22円安)まで下落した。東証1部の値下がり銘柄は全体の5割弱、対して値上がり銘柄は4割強となっている。

個別では、ソニー<6758>が2%、ファナック<6954>が3%の下落となり、任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、キーエンス<6861>も軟調。日立<6501>やKDDI<9433>は小安い。トヨタ紡織<3116>は一部証券会社の投資判断引き下げが観測されて2%超下落し、アルバック<6728>も同様に6%超下落した。また、オルトプラス<3672>が荒い値動きで、前引け時点で東証1部下落率トップとなっている。開発に参画するスマートフォンゲームの事前登録が開始されたが、材料出尽くし感から売りがかさんだようだ。一方、東エレク<8035>やSUMCO<3436>といった半導体関連株は買い優勢。アドバンテス<6857>は2%超上昇し、一部メディアの特集記事に取り上げられたレーザーテック<6920>は4%超上昇した。また、ツナグGHD<6551>やベネフィットJ<3934>が東証1部上昇率上位に顔を出した。セクターでは、その他製品、電気機器、輸送用機器などが下落率上位。半面、鉱業、パルプ・紙、海運業などが上昇率上位だった。

前場の日経平均は3日続落し、下げ幅を一時3ケタに広げた。米国株が高値更新した流れを引き継げず、朝高後は軟調な展開だ。ここまでの東証1部売買代金は9000億円程度にとどまっており、クリスマス休暇に伴う海外投資家の取引参加減少が意識されるなか、目先の利益を確定する売りが出ている。米中の第1段階の合意について署名時期の観測が伝わったものの、一段の買い材料とはみなされていないようだ。軟調な米経済指標が嫌気されて円相場は強含み。アジア市場は高安まちまちで方向感を見出しにくい。とはいえ、こうした状況は一昨日あたりから変わっていないとも言える。

前引けの東証株価指数(TOPIX)下落率は0.32%で、日銀による上場投資信託(ETF)買い実施は期待しにくい。後場の日経平均は再び下げ幅を広げる可能性はあるが、日足チャート上で12月13日に開けた窓の上限(23775.73円)水準が目先の下値メドとして意識されており、大きく値を崩す展開とまではならないだろう。引き続き一段の上値追い材料待ちでの日柄調整局面だと考えられる。こうした状況で個人投資家の物色はやはりIPO(新規株式公開)銘柄に向かっており、マザーズ市場では直近上場のJTOWER<4485>が売買代金トップで17%超の上昇。本日上場したスペースマーケット<4487>とINCLUSIVE<7078>はいまだ買い気配で初値を付けていない。ただ、こうした物色は短期の値幅取りを狙った回転売買の様相が強く、週末を控え利益確定の動きが出てくる可能性もありそうだ。


■ドル・円は下げ渋り、安値圏推移も押し目買い

20日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。日本株安などでやや円買い方向に振れたが、ドルは押し目買いで底堅さが意識された。

ドル・円は年末に向け、引き続き狭いレンジ内での取引が続く。本日は朝方に109円40銭を付けた後、日経平均株価の弱含みを受けた円買いで109円30銭付近まで下落。ただ、国内勢の押し目買いで下げは一服。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いで、日本株安継続を見込んだ円買いに振れやすい地合い。上海総合指数もマイナス圏のため円買いを支援しているもよう。ただ、ドルは109円前半で底堅さが意識される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円30銭から109円40銭、ユーロ・円は121円50銭から121円70銭、ユーロ・ドルは1.1115ドルから1.1125ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・JTOWER<4485>、日本ロジテム<9060>の2銘柄がストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップはファナック<6954>、同2位はアステラス製薬<4503>


【要人発言】

・習近平・中国国家主席
「中国は香港とマカオに海外からの圧力で介入を許すことはない」

【経済指標】

・日・11月全国消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.5%(予想:+0.5%、10月:+0.4%)


<国内>
特になし

<海外>
特になし




<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »