株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

憶測がさまざま飛び交うロシア、無規制の仮想通貨はこのまま放置か?【フィスコ・仮想通貨コラム】 12月20日15時29分

11月29日、ロシアの日刊紙Izvestiaが匿名の情報源を引用して、ロシアの中央銀行と連邦金融監視サービスが仮想通貨を通じた商品・サービス購入を禁止する草案について報じているという。

ニュースを報じたCointelegraphによれば、ロシアでは2017年頃から仮想通貨の法案起草や法的定義の確立に苦渋しているという。ロシア政府は11月末、旧ソビエト連邦最大のデータセンターであるBitRiverをシベリアに開設し、寒冷な気候と安価な電力でビットコイン(BTC)の採掘に施設を使用していることが報じられている。一方で、州規定のハードウェアを使用せずにマイニングをしていたグループは起訴されるなど、ロシア政府はマイニングに確固とした方向性を表しておらず、曖昧な姿勢を見せている。

地元ニュースTassによると、内務省は検察庁、調査委員会、法務省らと、デジタル資産を没収する法的根拠を確立する作業を進めているという。当局は2021年までにこの作業を遂行したい考えがあるが、一部専門家は没収技術が整備されていないと指摘する。このようび、ロシアにおける金融規制当局と法執行機関および政府機関間の切断は珍しくないという。ロシアの一連の禁止措置が実際に機能するには、現段階でイニシアチブにも施行メカニズムにも欠如があり、時間を要するもしくは実現しないとの見方もある。

ロシアではビットコインをはじめとする仮想通貨に明確な規制はないものの、仮想通貨コミュニティは存在し浸透もし始めている。たとえロシアが仮想通貨を禁止する方向に舵を取ったとて、世界でのデジタル通貨・ブロックチェーンの広まりに追従してロシアでも適切に緩和がされるはずと考えることも可能だ。今後の動きが注目される。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「仮想通貨コラム」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »