株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「ソーシャルゲーム」が16位にランクイン、「デュエプレ」滑り出し好調で再注目<注目テーマ> 12月25日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 半導体
3 全固体電池
4 国土強靱化
5 半導体製造装置
6 量子コンピューター
7 人工知能
8 顔認証
9 教育ICT
10 衝突回避システム

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「ソーシャルゲーム」が16位にランクインしている。

 23日、タカラトミー<7867.T>とディー・エヌ・エー<2432.T>が共同開発したスマートフォン向けカードゲームアプリ「デュエル・マスターズプレイス(デュエプレ)」がAppStore及びGooglePlayでランキング上位に入ったことが明らかとなり、これを受けてタカラトミー株が急上昇したことが、ソーシャルゲーム関連への関心を高めている。同アプリは、タカラトミーの主力トレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」をもとにしたゲームアプリで、今月18日に配信を開始。戦いを有利に進められるカードパック購入などで課金収入が伸びていることから、好調が続けば今期業績を押し上げる可能性もある。

 今年を振り返れば、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>とコロプラ<3668.T>が共同開発し、9月に配信を開始した位置情報RPG「ドラゴンクエスト(ドラクエ)ウォーク」が配信開始2カ月で1000万ダウンロードを突破するなど、有力IPを用いたスマホゲームの強さが目立った年でもあった。2020年もこうした傾向が続くとみられるだけに、テーマとしての「ソーシャルゲーム」も引き続き根強い人気を集めそうだ。

 この日の関連株の動きでは、前日に投稿プラットフォーム型の恋愛チャット小説アプリ「KISSMILLe(キスミル) ~100シーンの恋・チャット小説」の配信を開始したと発表したボルテージ<3639.T>が続急騰。モブキャストホールディングス<3664.T>、オルトプラス<3672.T>、ケイブ<3760.T>なども高い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=小幅反落、売買代金は5000億円と超閑散商状
<12月24日のストップ高銘柄>
東京株式(大引け)=9円高、超閑散商状で売り買いともに手控えムード


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »