株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

IIJは5日続伸で新値追い、農業経営体向け水田水管理IoTシステムの受注開始◇ 12月25日13時38分

 インターネットイニシアティブ<3774.T>が5日続伸し、新値追いとなっている。同社は24日に、住友商事<8053.T>などとローカル5Gの活用を目的とした新会社を設立したと発表しており、これを材料視した買いが引き続き流入しているもよう。また、きょうは農業経営体向け水田水管理IoTシステムの受注を開始したことを明らかにし、新たな買い手掛かりとなっているようだ。

 水田水管理IoTシステムは、水田の水位と水温を測定するIoTセンサーと、取得したデータを無線経由でクラウドに蓄積し遠隔からスマートフォンで確認できる通信機器とアプリをパッケージにしたスターターキット「水管理パックS」として、住友商事が販売元となり受注受付をスタート。主に大規模な水田を保有する農家や農業共同経営体(JA)を対象としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率2.19倍
<個人投資家の予想> 12月25日 13時
ピアラが高い、Premier Google Partnerに認定


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »