株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

1stコーポは7日続落、11月中間期業績は計画下振れで着地 12月26日10時38分

 ファーストコーポレーション<1430.T>は7日続落している。25日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(6~11)単独業績について、売上高が75億9100万円から67億7400万円(前年同期比24.3%減)へ、営業利益が3億9900万円から2億2400万円(同76.3%減)へ、純利益が2億7100万円から1億4500万円(同77.5%減)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 不動産売上高のうち、土地売り上げが交渉の長期化や手持ち不動産の引き渡し時期の変更などで計画未達となったことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
1stコーポの11月中間期業績は計画下振れで着地
DLEが4日続落、20年3月期業績予想の減額修正を嫌気
外為サマリー:1ドル109円50銭台に上昇、日経平均の上昇が支援材料


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »