株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

吉野家HDが3日ぶり反発、ステーキ事業を安楽亭に売却◇ 12月27日10時35分

 吉野家ホールディングス<9861.T>が3日ぶりに反発し年初来高値を更新している。26日の取引終了後、「ステーキハウス フォルクス」や「ステーキのどん」などを展開する子会社アークミールの全株式を安楽亭<7562.T>に譲渡すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 アークミールは競争激化から直近では業績が悪化しており、吉野家HDでは成長事業へのリソース配分を進め、経営効率化を図るのが狙い。譲渡価額は非開示。なお、20年2月期業績への影響は未定としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月27日 10時
ツルハHDが3日ぶり反発、国内大手証券は目標株価を引き上げ
SOUが続伸、不動産仲介の新会社設立へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »