株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個人投資家キムさん:2019年のIPO利益は100万円【FISCOソーシャルレポーター】  12月28日10時00分

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家キムさん(ブログ「IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2019年12月17日11時 に執筆

今年の投資について振り返ります。2019年のIPO利益は100万円でした。負けていないだけ良かったと思いますが、昨年の280万円から大きくダウンしています。利益があまり出せなかった原因は店頭からネットに移行したこと、そして単に抽選運がなかったことかと考えています。

前年と比較すると当選銘柄も22銘柄から12銘柄に大きく減っています。IPO参加者が増えた可能性も考えられますが、自分の肌感覚的にはあまり変化してないように思います。また、2019年は初値が上昇しにくかったIPOが多く、盛り上がりに欠けた市場だったように感じました。ただ年末に近づくにつれ、株式市場は盛り上がりを取り戻し始めているようです。

2019年の国内新規公開株(IPO)数は86社となる見通しです。ここ数年の上場数を考えるとほぼ例年通りになります。

執筆段階で騰落率が大きかった2019年のIPO銘柄では、例えば3月29日に東証マザーズへ上場したWelby<4438>があげられますが、同社は公開価格5,200円に対し初値が18,030円となりました。IPOに当選して初値で売却していれば128万円以上の利益を得られたことになります。一方、なかには6月4日に福証本則市場へ上場した大英産業<2974>のように、公開価格1,520円に対して初値が1,330円と公開価格を割れてしまった銘柄もあります。

個人的に賑わったと感じる銘柄は6月19日に上場したSansan<4443>だと思います。現在も公開価格4,500円を超えて5,000円前後で株価は推移しています。法人向け名刺管理サービスを手掛け、CMも行っていた企業です。この他にもBASE<4477>やChatwork<4448>など話題を集めた銘柄もありましたが、2019年のIPOは比較的おとなしめの印象でした。

外部環境を見れば米中問題やブレグジット、北朝鮮問題などがあり、日本では平成から令和に年号が変わりました。投資相場では危機的な状況と言えるようなことはなく推移したように思います。10月には消費税が8%から10%に引き上げられ消費者の買い控えも発生しています。

2019年のIPOは例年に比べ全員参加型で初値期待できるような銘柄が少なかった感じがします。2018年で言えばメルカリ<4385>やソフトバンク<9434>などがありました。2020年は話題性があり知名度抜群のIPOが登場することを願いたいと思います。

また2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されるため投資以外でも注目されることが多くなりそうです。関連銘柄で初値数倍になるIPO期待も出るかもしれません。HEROZ<4382>のように公開価格に対して10倍以上の初値を付けるIPOが再来するような市場だと嬉しいと考えています。

----

執筆者名:キムさん
ブログ名:IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記





<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »