株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

仮想通貨の「みなし業者」ゼロに=日経報道【フィスコ・ビットコインニュース】 12月30日13時32分

暗号資産(仮想通貨)交換業者への登録申請中である「みなし業者」がゼロになったことが、29日までにわかった。日経新聞が29日付で報じている。

金融庁は2017年4月、改正資金決済法を施行し、これにより国内で仮想通貨交換業を行う業者には、金融庁への登録が必要となった。法施行前から営業していた業者については、登録申請をして認可を待ちながら事業を継続することができ、これを「みなし業者」と呼ぶ。

2018年1月には、大手仮想通貨取引所であるコインチェックが不正なアクセスを受け、約580億円分の仮想通貨ネム(NEM)が流出した。この事件を受けて、金融庁は一斉検査に乗り出し、当時登録済みの業者16社のうち数社と、登録申請中の「みなし業者」全16社を対象に立ち入り検査を行った。同庁は複数の業者に業務停止命令や業務改善命令を出し、一部には登録申請を取り下げて撤退した業者もあった。なお、コインチェックは2019年1月、関東財務局への登録を完了している。

2019年にはコインチェックのほか、楽天<4755>の連結子会社である楽天ウォレット、インターネットイニシアティブ<3774>を筆頭株主とするディーカレット、LINE<3938>のグループ会社であるLVC、オウケイウェイヴ<3808>を主要株主とするLastRoots、仮想通貨情報サイトなどを運営するFXCoinが正式に登録された。

日経の報道によれば、最も多かった時は15社のみなし業者が存在していたという。最後のみなし業者であったLastRootsが今年11月に正式な登録を受け、みなし業者はなくなったもよう。2020年4月には、仮想通貨の呼称を「暗号資産」に変更することなどを盛り込んだ、新たな改正資金決済法が施行される予定となっている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »