株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅に3日続落、中東情勢への懸念で一時500円超安  1月06日16時09分

日経平均は大幅に3日続落。3日の米国市場でNYダウは反落し、233ドル安となった。米軍がイラクでイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害し、中東情勢の緊迫化への懸念が強まった。2019年12月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が10年ぶりの低水準に落ち込んだことも嫌気された。為替相場は一時1ドル=107円台まで円高方向に振れ、大発会の日経平均はこうした流れを引き継いで336円安からスタートすると、23148.53円(昨年末比508.09円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は昨年末比451.76円安の23204.86円となった。東証1部の売買高は12億1971万株、売買代金は2兆2246億円だった。業種別では、海運業、空運業、水産・農林業が下落率上位で、その他も全般軟調。鉱業と石油・石炭製品の2業種のみ上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の85%、対して値上がり銘柄は13%となった。

個別では、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、東エレク<8035>、村田製<6981>など売買代金上位は全般軟調。三菱UFJはインドネシア子会社に係る減損損失計上を発表している。日経平均寄与度の大きいソフトバンクG<9984>が4%近い下落となり、ファーストリテ<9983>も3%安と下げが目立った。海運株は地政学リスクの高まりで売りがかさみ、商船三井<9104>が4%超の下落。中小型株の一角にも利益確定の売りが広がり、ツナグGHD<6551>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではキーエンス<6861>が堅調で、ソニー<6758>やキヤノン<7751>も小幅に上昇。原油高に伴い国際帝石<1605>や石油資源<1662>、JXTG<5020>などの関連銘柄が買われ、防衛関連の石川製<6208>や豊和工<6203>はストップ高を付けた。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »