株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経Dインバは反落、信用買い残整理進むも依然として大幅に買い長状態  1月07日10時31分

 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>が反落。同銘柄は騰落率が日経平均株価のマイナス2倍になるように設定された、逆連動型のETFで、前日の大発会では全体相場が大きく値を崩すなか、マドを開けて買われ25日移動平均線を一気に上回る動きをみせていた。きょうは、全体相場がリスクオフの巻き戻しで日経平均が250円前後の戻りをみせており、これを受けて日経Dインバは反落し25日線近辺まで下押している。直近の信用買い残は大幅に減少しているものの、それでも信用倍率は57.3倍と需給バランスは大きく買いに傾いており、日経平均の波乱を期待する動きが強い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
外為サマリー:1ドル108円40銭台で推移、ユーロが対ドルや対円で上昇
スシローGHが反発、12月既存店売上高が26カ月連続で前年上回る
富士フイルムは大幅高、国内大手証券は目標株価7000円に引き上げ◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »