株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 日邦産業、石川製作所、クレスコなど  1月09日07時15分

銘柄名<コード>8日終値⇒前日比
フリービット<3843> 925 -25
20年4月期に特別利益(事業譲渡益)4.01億円計上と。

コメ兵<2780> 1136 +11
12月度月次売上高(単体)は4.5%増と33カ月連続前年同月比プラスに。

日邦産業<9913> 690 +100
筆頭株主がフリージア・マクロス<6343>であることから思惑が向かう。

GMOインターネット<9449> 2176 +30
米テキサス州にてBTCマイニング開始と報道うけ。

石川製作所<6208> 2381 +308
イランによるイラクの米軍駐留基地攻撃を受けて防衛関連に関心。

豊和工業<6203> 994 +67
防衛関連の代表格の一角として再度物色向かう。

東京計器<7721> 1195 +55
防衛関連として短期の値幅取り資金向かう。

クレスコ<4674> 3825 +220
1:2の株式分割実施を発表している。

石油資源開発<1662> 3130 +15
中東情勢の緊迫で原油相場が時間外取引で上昇。

横河電機<6841> 2048 +40
サウジ公社と制御システムの供給などで提携と。

富士石油<5017> 253 +2
石油株は原油時間外上昇が買い材料に。

国際石油開発帝石<1605> 1187 +4.0
原油相場の時間外取引上昇を手掛かりに。

象印マホービン<7965> 2458 +105
引き続きM&A思惑などが手掛かり材料に。

ネクステージ<3186> 1230 -74
好決算発表もサプライズなく出尽くし感強まる。

ボルテージ<3639> 653 -56
新規材料は観測されず短期資金の処分売りなど需給要因。

パイプドHD<3919> 2058 -196
年末年始に買い進まれた反動が続く。

三桜工<6584> 1162 -61
もみ合い下放れで信用買い方の見切り売り優勢か。

RPAホールディングス<6572> 1052 -66
地合い悪化の中で高水準の信用買い残重し。

ハニーズホールディングス<2792> 1719 -67
好決算発表もサプライズ乏しく出尽くし感に。

ブイキューブ<3681> 711 -30
7日にかけ急伸の反動で利食い優勢に。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »