株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は節目の24000円を意識した展開に  1月14日08時49分

14日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:日経平均は節目の24000円を意識した展開に
■前場の注目材料:良品計画、20年2月期業績予想を下方修正
■アマダHD、AI新会社4月始動、板金加工などに適用



■日経平均は節目の24000円を意識した展開に

14日の日本株市場は、堅調な相場展開が見込まれる。13日の米国市場は、NYダウ、ナスダックともに上昇。トランプ政権が米中貿易交渉での第1段階目の合意署名を控えて、中国の為替操作国の認定解除を計画していることが伝わり、買いが先行。イランと米国間での緊張が一服したことも好感された。この流れを受けて、シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の23940円。円相場は1ドル109円90銭台で推移している。

トランプ政権は中国に対する為替操作国の認定を解除する計画と、事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたと伝えられており、15日に予定している第1段階目の貿易合意の署名に向けた流れが材料視されそうである。10日に発表した12月雇用統計で非農業部門雇用者数は14万5千人増、平均時給も28.32ドル(前年同期比2.9%増)といずれも予想を下回ったことで、大阪225先物は時間外で23670円まで下げていたこともあり、この影響も加わってショートカバーが先行する格好から、日経平均は節目の24000円を意識した展開になりそうである。

また、先週末の出来高は10億株程度と薄商いの中ではあるが、強含みの展開が続いた。前引け段階で上げ幅を縮める局面もみられたが、大引けにかけて再び強含むなど、潜在的な買い戻しニーズはあるとみられる。中東情勢の行方を睨みながらの状況が続きそうではあるが、米中交渉への期待等が高まりやすいところ。

そのほか、今週は国内でも小売企業などの決算発表が予定されているが、米国ではシティグループ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェースといった金融株の決算発表が予定されている。決算内容が評価されてくるようだと、米国市場の一段の上昇も意識されてくるであろう。商いは膨らみづらいだろうが、インデックスに絡んだ商いが指数を押し上げてくる可能性はありそうだ。


■良品計画、20年2月期業績予想を下方修正

良品計画<7453>は、2020年2月期の業績予想の修正を発表。純利益が前期比26%減の251億円へと、従来予想(13%減の294億円)から下方修正した。東アジア事業の一部の国や地域の情勢不安が収益の重荷に。あわせて発表した19年3-11月期決算は、純利益が前年同期比32%減の205億円だった。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(23850.57、+110.70)
・日銀のETF購入
・株安局面での自社株買い
・来期の業績回復期待
・NYダウは上昇(28907.05、+83.28)
・ナスダック総合指数は上昇(9273.93、+95.07)
・シカゴ日経225先物は上昇(23940、大阪比+140)
・1ドル109円90-00銭
・SOX指数は上昇(1890.79、+24.44)
・VIX指数は低下(12.32、-0.24)

・アマダHD<6113>AI新会社4月始動、板金加工などに適用
・トヨタ自<7203>元町工場にスポーツ車専用ライン、「GRヤリス」生産・多品種少量対応
・SOMPO<8630>マラリア撲滅組織に参加、アジア途上国に保険提供
・ホンダ<7267>電動2輪を相次ぎ投入、本格普及へ布石
・グローリー<6457>決済情報中継サービスをコード決済対応に
・テルモ<4543>脳動脈こぶ治療塞栓デバイス、製販承認を取得

☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 11月経常収支(予想:+1兆4248億円、10月:+1兆8168億円)

<海外>
・時間未定 中・12月輸出(前年比予想:+2.4%、11月:-1.3%)
・時間未定 中・12月輸入(前年比予想:+9.7%、11月:+0.3%)




<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »