株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

吉野家HD、良品計画、ベクトルなど  1月14日16時05分

<6058> ベクトル 1256 +193急騰。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は22.7億円で前年同期比4.2%増益、上半期は12.4億円で同14.5%減と2ケタ減益であったが、9-11月期は10.2億円で同41.7%増と大幅増益に転じている。新分野であるHR事業がリストラ効果などによって四半期黒字化を達成したもよう。収益モメンタムの好転に伴い、通期計画の未達懸念なども低下する方向に。

<6432> 竹内製作所 1895 +263急騰。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業益は107億円で前年同期比15.4%減となり、通期予想は従来の123億円から120億円に下方修正した。台風19号の影響でサプライヤーが浸水被災、生産調整を余儀なくされたことなどが響く。ただ、上半期決算時に業績下方修正を行っているなど業績モメンタムが悪化していた中、台風被害の発生もアナウンスされていただけに、小幅な修正にとどまったことが安心感に。

<7818> トランザク 1121 +150ストップ高。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は6.6億円で前年同期比10.5%
増と2ケタ増益、上半期計画10.8億円、同3.6%増に対する進捗率は61.6%に達している。エコ雑貨製品の販売が大きく拡大しており、業績をけん引する形になっている。
なお、第1四半期には従業員持株ESOP信託の精算費用0.48億円が一時的に発生しており、実質的な増益率はより高まる形になる。

<8095> イワキ 499 +50急騰。先週末に19年11月期の決算を発表している。営業利益は21.2億円で前期比14.7%増益、従来予想の20億円を上回る着地になっている。医療用医薬品において、副腎皮質ホルモン剤など主力品の売上が伸長した。期末配当金は従来の6円から7円に引き上げ。20年11月期営業利益も22億円で同3.7%増と増益予想、年間配当予想も前期比1円増配の14円を計画している。

<2379> ディップ 3495 +170大幅続伸。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は112億円で前年同期比13.1%増益となり、通期予想レンジを従来の128-136億円から135-140億円に引き上げている。高い求人需要が継続するなかで「バイトル」や「はたらこねっと」などの売上が順調に拡大しているほか、広告宣伝費の効率化などでコストダウンも図れたもよう。
順調な業績成長の継続をストレートにポジティブ視する動きへ。

<9418> USENNEX 1782 +300ストップ高比例配分。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は33.2億円で前年同期比80.9%の大幅増益、通期計画90億円、前期比9.2%増に対する進捗率も36.9%に達している。主力の店舗サービス事業をはじめ各セグメントが伸長しているが、とりわけ、成長事業と位置付けられるコンテンツ配信事業が大幅な増益となっている。業績上振れへの期待感が先行する形になっているようだ。

<7453> 良品計画 2128 -500ストップ安。先週末発表の第3四半期決算がネガティブインパクトにつながった。累計営業利益は298億円で前年同期比14.5%減益、9-11月期は92億円で同18.4%減益となり、市場予想を30億円近く下振れている。香港や台湾の収益悪化、中国の伸び悩みなどが響く。通期予想は従来の453億円から378億円、一転して2ケタ減益に下方修正している。通期市場コンセンサスは440億円程度であったとみられる。

<6572> RPA 1034 -70大幅反落。先週末に第3四半期決算を発表している。累計営業利益は3.3億円で前年同期比41.0%減と大幅減益になった。つれて、通期予想は従来の16億円から4.8億円にまで大幅減額、大幅増益予想から一転して大幅減益に下方修正している。人材採用、広告宣伝活動を積極的に進めるなか、パートナー販売体制の構築が計画より遅延していることなどで販売計画が未達となり、大幅な減益に陥る形となっている。

<9861> 吉野家HD 2736 -289急落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業損益は28.9億円の黒字となり、前年同期5.6億円の赤字から大幅に収益は改善した。通期予想は従来の10億円から36億円にまで増額し、国内吉野家の既存店売上高好調が業績上振れの背景。ただ、上半期実績は29.4億円で、9-11月期の収益水準は低下しており、目先の出尽くし感が強まる形になった。また、通期最終利益1億円を据え置いていることもマイナス視。

<4343> イオンファン 2641 -334急落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は24.9億円で前年同期比4.2%増益、会社側の通期計画54億円、前期比16.1%増に対して、進捗は低いとの見方が優勢になっている。9-11月期はもともと収益水準が大きくないものの、3.6億円の営業赤字になっている。11月の売上が低迷するなど、国内市場の伸び悩みが響いているもよう。





<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »