株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=174円高、米中対立緩和を背景に上値追い継続  1月14日15時47分

 14日の東京株式市場は終始買い優勢の展開となり、日経平均株価は大引けで2万4000円台に乗せた。先物主導でインデックス買いが入り全体指数を浮揚させた。

 大引けの日経平均株価は前営業日比174円60銭高の2万4025円17銭と3日続伸。東証1部の売買高概算は12億3406万株、売買代金概算は2兆3629億円。値上がり銘柄数は860、対して値下がり銘柄数は1216、変わらずは83銘柄だった。

 3連休明けとなったきょうの東京市場はリスクオン環境が続くなか日経平均は上値を追った。前日の米国株市場で主要株指数が揃って買われ、ナスダック総合指数とS&P500指数は最高値を更新したほか、外国為替市場で1ドル=110円に入る円安が主力輸出株中心にフォローの風となった。米中貿易協議の第1段階合意を15日に控えるなか、これに先立って米国は中国の「為替操作国」の認定の解除を発表、これがリスク選好ムードを後押しする格好となった。ただ、海外ヘッジファンドを買い主体とする先物主導の裁定買いによる上昇の色が強く、値上がり銘柄数より値下がり数の方が大幅に多かった。なお、全体売買代金は2兆3000億円台で、大発会から6営業日連続で活況の目安とされる2兆円台を上回っている。

 個別では、売買代金トップのソフトバンクグループ<9984.T>が高く、僅差で2位のソニー<6758.T>も上昇した。ファーストリテイリング<9983.T>も上値を伸ばした。トヨタ自動車<7203.T>も商いを伴い上昇。東京エレクトロン<8035.T>、信越化学工業<4063.T>など半導体関連株が買われ、キーエンス<6861.T>なども高い。ビジネス・ブレークスルー<2464.T>、USEN-NEXT HOLDINGS<9418.T>がストップ高となり、ベクトル<6058.T>も一時値幅制限いっぱいに買われた。

 半面、任天堂<7974.T>が軟調、村田製作所<6981.T>、富士フイルムホールディングス<4901.T>も冴えない。吉野家ホールディングス<9861.T>が急落したほか、良品計画<7453.T>はストップ安で売り物を残した。RPAホールディングス<6572.T>も大幅安。キリン堂ホールディングス<3194.T>、ブイキューブ<3681.T>の下げも目立つ。サムティ<3244.T>も値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位にRPA
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にソフトバンクグループ
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で伸び悩む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »