株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 ファーストリテイリング、Abalance、ファーマフーズなど  1月15日07時32分

銘柄名<コード>14日終値⇒前日比
ネオス<3627> 803 -37
第3四半期累計営業減益をマイナス視。

トーセイ<8923> 1420 -55
前期は2ケタの経常増益に。

象印マホービン<7965> 2201 -116
決算発表後の株高にも一巡感強まり。

ツバキ・ナカシマ<6464> 1435 -65
JPモルガン証券では投資判断を格下げ。

サムティ<3244> 1823 -119
連日の株価下落が見切り売り誘う形にも。

MonotaRO<3064> 2766 -121
12月売上高18%増にとどまりマイナス視。

オープンハウス<3288> 3030 -145
SMBC日興証券では目標株価を引き下げ。

日本エンタープライズ<4829> 248 -11
上半期好決算発表も出尽くし感優勢。

ファーストリテイリング<9983> 63340 +1350
決算嫌気で先週末は売り優勢となるが。

Abalance<3856> 799 +100
先週末から急動意で追随買い。

理経<8226> 293 +63
ドローン関連の一角が人気化へ。

ファーマフーズ<2929> 793 +100
配当実施の発表を好感へ。

アゼアス<3161> 768 +53
新型コロナウイルスの広がりで関連銘柄として物色。

インスペック<6656> 4535 +160
値動きの軽さ妙味に短期資金の関心が続く。

恵和<4251> 2237 -290
目先の上値到達感も広がる形か。

アイケイ<2722> 1065 -52
決算発表控えて手仕舞い売りが優勢。

エルテス<3967> 2391 +291
20年2月期第3四半期の営業利益は前年同期の約8.2倍の2.13億円、通期計画も超過。

ブロッコリー<2706> 1859 +202
20年2月期第3四半期の営業利益は前年同期比1.5%増の6.18億円で着地。

コックス<9876> 211 +7
20年2月期第3四半期の営業赤字は3.18億円となり前年同期から赤字幅が縮小。

メタップス<6172> 1046 +6
セブン銀行とメタップスペイメントの資本業務提携締結を引き続き材料視。

エヌ・ピー・シー<6255> 493 -25
20年8月期第1四半期の営業損益は0.06億円と赤字転落で着地。

旭化学工業<7928> 509 -79
20年8月期第1四半期の営業利益は前年同期比37.8%減の0.25億円で着地。

シグマ光機<7713> 1525 -216
20年5月期第2四半期の営業利益は前年同期比44%減の3.97億円。

幸和製作所<7807> 1200 -300
20年2月期の各利益見通しを赤字に下方修正、期末配当は8円から無配に。

フィードフォース<7068> 2868 +352
運用型広告コンサルなど手がけるアナグラムの連結子会社化を引き続き材料視。

トゥエンティーフォーセブン<7074> 2345 -500
20年11月期の会社計画を嫌気、営業利益見通しは前期比83.6%減の1.62億円。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »