株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は4日ぶり反落、東エレクとソフトバンクGが2銘柄で指数を約23円分押し下げ  1月15日12時37分

15日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり45銘柄、値下がり177銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は4日ぶり反落。110.29円安の23914.88円(出来高概算5億2584万株)で前場の取引を終えた。前日の米国市場では、米中貿易交渉での第一段階目の合意署名を控えるなか、対中関税は米大統領選後まで維持されることが伝わり、第二段階目以降の交渉への先行き不透明感から主要3指数は高安まちまちとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円安の23980円、為替相場が1ドル=110円台を再び割り込むなか、本日の日経平均は同水準を下回ってスタートした。直近3営業日で800円超上昇していたこともあり、節目の24000円達成した後の利益確定の動きが優勢となった。また、前場中ごろから開始された中国・上海総合指数をはじめとしたアジア株式市場が総じて弱含み、日本株に対する積極的な押し目買いの動きも限られた。

値下がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で指数を約23円分押し下げたほか、TDK<6762>、アドバンテ<6857>、ファミマ<8028>、ダイキン<6367>、バンナムHD<7832>などがそれに続いた。足元で強い動きの目立ったハイテク株中心に利益確定の動きがみられた。なお、値上がり寄与上位銘柄には、ファーストリテ<9983>、オリンパス<7733>、エーザイ<4523>、スズキ<7269>、太陽誘電<6976>、アステラス製薬<4503>などが並んだ。オリンパスや太陽誘電は国内外の証券会社によるレーティングの動きが観測されているようだ。


*11:30現在

日経平均株価  23914.88(-110.29)

値上がり銘柄数  45(寄与度+50.53)
値下がり銘柄数 177(寄与度-160.82)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    64000           660 +23.78
<7733> オリンパス       1788          54.5 +7.85
<4523> エーザイ         8179           73 +2.63
<7269> スズキ          4690           53 +1.91
<6976> 太陽誘電         3655           45 +1.62
<4503> アステラス薬      1904           8.5 +1.53
<2282> 日本ハム         4765           85 +1.53
<4452> 花王           9162           31 +1.12
<8267> イオン          2369           30 +1.08
<6752> パナソニック      1082          23.5 +0.85
<5108> ブリヂストン      4013           23 +0.83
<2503> キリンHD         2469          22.5 +0.81
<4704> トレンド         5730           20 +0.72
<1721> コムシスHD       3210           15 +0.54
<9009> 京成           4380           30 +0.54
<1928> 積水ハウス      2403.5           12 +0.43
<7201> 日産自           627            9 +0.32
<7272> ヤマハ発         2137            8 +0.29
<4543> テルモ          3934            2 +0.29
<4042> 東ソー          1693           15 +0.27

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<8035> 東エレク        24970          -330 -11.89
<9984> ソフトバンクG     4997           -52 -11.24
<6762> TDK           12380          -210 -7.56
<6857> アドバンテ       6230          -100 -7.20
<6367> ダイキン        15385          -195 -7.02
<8028> ファミマ         2701           -37 -5.33
<7832> バンナムHD       6557          -138 -4.97
<2413> エムスリー       3310           -55 -4.76
<6988> 日東電          6100          -120 -4.32
<6506> 安川電          4365          -110 -3.96
<6954> ファナック       20815          -100 -3.60
<4568> 第一三共         7101           -99 -3.57
<6758> ソニー          7937           -99 -3.57
<6645> オムロン         6460           -80 -2.88
<8015> 豊通商          3720           -75 -2.70
<4021> 日産化学         4660           -70 -2.52
<7203> トヨタ          7669           -70 -2.52
<5713> 住友鉱          3423          -140 -2.52
<7267> ホンダ          3044           -30 -2.16
<7951> ヤマハ          6090           -60 -2.16




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »