株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 サイバーステップ、Abalance、シー・エス・ランバーなど  1月16日07時32分

銘柄名<コード>15日終値⇒前日比
アクセル<6730> 1016 -19
14日に大陰線で上値到達感も強まる。

スクエニHD<9684> 5430 -250
2タイトルの発売延期発表を嫌気へ。

レオパレス21<8848> 372 -15
400円レベルでは上値の重さも意識へ。

RPAホールディングス<6572> 1052 +18
引き続き想定以上の大幅下方修正を嫌気へ。

住友金属鉱山<5713> 3429 -134
ニッケル価格の下落などもマイナス視。

良品計画<7453> 2064 -64
引き続き第3四半期決算をマイナス視へ。

パナソニック<6752> 1088.5 +30.0
クレディ・スイス証券では目標株価を引き上げ。

太陽誘電<6976> 3645 +35
みずほ証券では目標株価を引き上げ。

オリンパス<7733> 1773 +39.5
野村證券では買い推奨継続で目標株価を引き上げ。

サイバーステップ<3810> 1916 +400
期末で初めての配当を実施と。

JMACS<5817> 502 +80
第3四半期累計営業損益は黒字転換。

Abalance<3856> 904 +105
短期資金による値幅取りの動きが続く。

JESCOホールディングス<1434> 410 -42
第1四半期営業赤字転落を嫌気。

ギグワークス<2375> 2202 -99
高値圏で利食い売り圧力増す。

ファンドクリG<3266> 145 +36
19年11月期実績及び20年11月期の大幅な増収増益見通しを評価。

ウォンテッドリー<3991> 1777 -187
営業利益が前年同期比41.8%減の0.55億円となった第1四半期決算を嫌気。

シンメンテ<6086> 2902 +500
第3四半期の営業利益は約34%増の7.52億円で通期計画超過、
1対2の株式分割も材料。

ALiNKインターネット<7077> 3755 +270
20年2月期の第3四半期の営業利益は3.10億円で着地。

シー・エス・ランバー<7808> 1580+300
通期予想を上方修正、営業利益は6.88億円から9.20億円に、期末配当も8円増額。

チームスピリット<4397> 2820 +402
20年8月期第1四半期の営業利益は0.44億円で着地。

SOU<9270> 2572 +295
20年8月期第1四半期の営業利益は前年同期比20.3%増の7.46億円で着地。

エスエルディー<3223> 1412 -386
20年2月期第3四半期の営業損失は0.36億円で着地、利食いの流れが強まる。

UUUM<3990> 4090 -455
9-11月期の決算内容が嫌気され見切り売りが優勢。

マネーフォワード<3994> 5100 -240
今期営業赤字の拡大見通しで売りに押される。









<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »