株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

1月17日のNY為替概況  1月18日05時10分

 17日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円21銭まで上昇後110円05銭まで弱含んで引けた。米国の12月住宅着工件数が13年ぶり高水準となったため成長拡大期待に米債利回りの上昇に伴うドル買いが優勢となった。しかし、その後発表された米1月ミシガン大消費者信頼感指数速報値や11月JOLT求人件数が予想を下回ったためドル買いが後退。

ユーロ・ドルは、1.1112ドルから1.1086ドルまで下落して引けた。

ユーロ・円は、122円37銭から122円13銭まで下落。


ポンド・ドルは、1.3056ドルから1.3014ドルまで下落した。英国の低調な経済指標を受けて、英国中銀が今月の会合で利下げに踏み切る確率が上昇したためポンド売りに一段と拍車がかかった。


ドル・スイスは、0.9662フランから0.9696フランまで上昇した。


    [経済指標] ・米・12月住宅着工件数:160.8万戸(予想:138.0万戸、11月:137.5万戸←136.5万戸)・米・12月住宅建設許可件数:141.6万戸(予想:146.0万戸、11月:147.4万戸←148.2万戸)・米・12月鉱工業生産:前月比‐0.3%(予想:-0.2%、11月:+0.8%←+1.1%)・米・12月設備稼働率:77%(予想:77.0%、11月:77.4%←77.3%)・米・1月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:99.1(予想:99.3、12月:99.3)・米・1月ミシガン大学1年期待インフレ率速報値:2.5%(12月:2.3%)・米・1月ミシガン大学5−10年期待インフレ率速報値:2.5%(12月:2.2%)・米・11月JOLT求人件数:680万件(予想:725.0万件、10月:736.1万件←726.7万件)

  

<KY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »