株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日ぶり反発、物色は個別材料株中心、直近IPOには利食いも  1月20日16時08分

 本日のマザーズ指数は5日ぶりの反発となった。米株高の流れから新興市場は買いが先行、マザーズ指数は一時888.89ptまで上昇する場面も。ただ、主力・新興市場ともに商いが膨らみにくい需給状況のなか、物色は個別材料株などに留まり、その後は大引けにかけてレンジ内でもみ合う展開となった。なお、マザーズ指数は5日ぶりの反発、売買代金は概算で833.95億円。騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり134銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、オンコセラピー・サイエンス<4564>がマザーズ売買代金トップにランクイン。19年12月期の営業利益を従来予想の2.70億円から3.10億円に上方修正したウィルズ<4482>は12%高。米航空宇宙局(NASA)が27-30日(日本時間28-31日)に開催するワークショップに参加すると発表した窪田製薬<4596>、完全子会社のMisuzu & Co.を3月1日に吸収合併すると発表したロコンド<3558>などにも関心が向かった。国内市場向けSMS配信状況が評価材料視されたアクリート<4395>は後場に一段高。その他、UUUM<3990>、JMDC<4483>、ホープ<6195>、MTG<7806>、サンバイオ<4592>などが買われた。一方、HPCシステムズ<6597>やフリー<4478>、Sansan<4443>、ギフティ<4449>、マクアケ<4479>など直近IPO銘柄で利食いの動きが目立った。また、「米グーグル、ネット利用者の閲覧データ提供取りやめ」との一部報道で先週関心を集める場面があったログリー<6579>も6%安。その他、インパクト<6067>、チームスピリット<4397>、マネーフォワード<3994>などが売られた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »