株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

注目が高まる仮想通貨のステーキング、資産を預けてインカムゲインを得る仕組みとは?【フィスコ・仮想通貨コラム】  1月20日10時22分


投資家の間で、保有している仮想通貨をロックして報酬を得る「ステーキング」という仕組みが注目されている。不慣れなトレードによる損失を避け、低リスクで安定的にポートフォリオを成長させる手段として人気を集めているようだ。ビットコインニュースメディアNEWSBTCが報じている。

ステーキングの仕組みを採用するコインとして、テゾス(XTZ)やコスモス(ATOM)、ダッシュ(DASH)やエイダ(ADA)などが有名だ。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)専門分析サイトStaking Rewardsによると、現在70種類以上の銘柄があり、ステーキングの平均利回りは年間11.7%とされている。保有資産から付加価値を生み出す方法として、主に長期投資家に好まれているという。

PoSを採用する仮想通貨を保有者は通常、各プロジェクトの公式フルノードウォレットを通じてステーキングプロセスに参加する。最近では、PoSノードを代替する「ステーキングサービス」も増加しており、バイナンスを含む多くの仮想通貨取引所が参入している。こうしたサービスの他にも、コインを預ける必要のないサードパーティ製のサービスも登場している。とあるノンカストディな仮想通貨取引プラットフォームは、PoSネットワークへのアクセスを可能にするステーキングAPIを外部ウォレット向けに提供している。

ステーキングは仮想通貨投資でインカムゲインを見込める一方で、資産が取引所に集まることによるデメリットとしてネットワークの寡占化やトークン保有者が一部の人間に偏る可能性、ハッキングによる盗難といったリスクを指摘する声もある。今後の発展と動向に注目したい。

(記事提供元:HEDGE GUIDE)
HEDGE GUIDEは、投資初心者向け金融・投資メディアです。資産運用や投資判断に役立つニュースやノウハウ、企業インタビューなど独自に取材・分析した記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「仮想通貨コラム」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »