株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「サイバーセキュリティ」が8位、東京五輪を前に官民挙げて対策推進へ<注目テーマ>  1月21日12時22分

★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 マスク
3 コロナウイルス
4 人工知能
5 ドローン
6 半導体
7 量子コンピューター
8 サイバーセキュリティ
9 全固体電池
10 ソーシャルゲーム
 
 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サイバーセキュリティ」が8位に入っている。

 あらゆるものがオンライン化されるIoT時代の到来が本格化しつつある。今年以降、次世代通信規格の5Gが世界で本格的に商用化される見通しにあるが、そうしたなかネット空間とつながるIoT機器も今後爆発的に増加していくことが予想される。その際に、避けては通れないのが、外部からのサイバー攻撃にどう対応するかということだ。昨今は量子コンピューター分野の研究開発が進んでおり、産業の発展に大きく貢献することが期待される一方、その負の部分である量子コンピューターによる暗号解読リスクなどもセキュリティー分野において脅威となっている。

 コネクテッドカーや自動運転などCASEの進展でエレクトロニクス武装が進む自動車なども5G環境下でIoT社会の一端末と化していく。いうまでもなく、自動車の安全を確保するうえで、ウイルス感染やサイバー攻撃のリスクに対し全力で取り組むことは必須課題となっている。

 直近では、三菱電機<6503.T>が大規模なサイバー攻撃を受け、約8000件の個人情報などが外部流出した可能性があると発表し、マーケットでも注目された。国家レベルで考えても情報の漏洩は治安や安全保障といった重大な領域に関わってくるだけに、看過できない。

 中国系ハッカー集団が暗躍しているとの観測があるなか、サイバー防衛の技術やノウハウで後れをとる日本は格好のターゲットとなりやすい。今年は東京五輪・パラリンピックを控えており、官民を挙げて対応を急ぐ必要に迫られていることは間違いない。

 関連銘柄としては、ラック<3857.T>、セキュアヴェイル<3042.T>、FFRI<3692.T>、エルテス<3967.T>、テリロジー<3356.T>、トレンドマイクロ<4704.T>、デジタルアーツ<2326.T>、ハイパー<3054.T>、ソリトンシステムズ<3040.T>、アドソル日進<3837.T>などが注目される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
テリロジー、エルテスなどサイバー防衛関連に物色の矛先、中国系ハッカー集団のサイバー攻撃観測で警戒感◇
日銀金融政策決定会合、金融政策は現状維持
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にJTOWER


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »