株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=NPC、急騰性魅力で調整一巡から再浮上へ  1月21日10時01分

 エヌ・ピー・シー<6255.T>は調整一巡から再浮上の機が近い。同社は太陽電池の製造装置メーカー大手。主要販売先である米国の太陽光パネル大手ファーストソーラー社が増産投資を進めていることなどを追い風に業績は好調だ。20年8月期は営業利益段階で前期比18.5%増の8億1300万円を計画するが、豊富な受注残を武器に9億5000万~9億9000万円前後に大きく上振れする公算が大きい。

 また、太陽光パネルについては大量廃棄の問題が取り沙汰されているが、同社は太陽光パネルのリサイクル用解体装置を手掛けており、着実に実績を伸ばしているほか、パネルのリユース・リサイクルを展開していることも評価材料。昨年12月中旬から今年の大発会にかけ株価を2週間あまりで6割も上昇させた急騰性は魅力となる。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日電硝は朝安後切り返す、19年12月期業績は計画下振れと発表も織り込み済み
OTSが急反発、OTSA101第1相臨床試験で第1例目の投与を開始
アジア航測は4連騰で新値圏走る、鉄道ICTやドローン活用で商機捉え2ケタ成長継続


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »