株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インフォクリエ Research Memo(5):2020年9月期予想は増収増益、ITソリューション事業が引き続き堅調  1月22日15時05分

■今後の見通し

1. 2020年9月期の業績見通し
インフォメーションクリエーティブ<4769>の2020年9月期の連結業績予想は、売上高が前期比5.2%増の8,787百万円、営業利益が同6.0%増の526百万円、経常利益が同4.4%増の575百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.8%増の402百万円である。主力のITソリューション事業の順調な伸長とともに、ITサービス事業の拡大を見込んでいる。

2. トピックス(新サービスのリリース)
同社は昨年末から次世代チケットシステム「チケット for LINE Hybrid」の試験運用を開始、2019年12月2日付で同システムを2020年4月にリリースすると発表した。同システムは、LINEの圧倒的なシェアと利便性を活用し、消費者(観劇などのチケット購入見込者)へダイレクトにPUSH配信することで、事業主(劇場など)は顧客を拡大することができるインターネットシステムである。消費者はLINEへの電子チケット配信により、公演チケットを手数料負担なしで購入できるスマートフォンオンリーのサービスになっている。また、興行主は販売手数料のみで利用できるため、コストが抑えられる点が大きなメリット。ITサービス事業において、拡販の起爆剤の一つとして期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »