株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

インフォクリエ Research Memo(6):新経営体制のもと、長期的に売上高100億円が目標  1月22日15時06分

■インフォメーションクリエーティブ<4769>の中長期の成長戦略

1. 新中期経営計画
今回発表された新中期経営計画(2020年9月期~2022年9月期)は以下のような内容になる。

新中期経営計画
1. 収益構造改革への挑戦
(1)エンドユーザー取引を拡大し、売上及び収益性の向上を図る
(2)一括請負を拡大し、収益基盤を強化する
2. 新たな技術領域への挑戦
(1)先端技術を活用している顧客の開拓を行い、共に成長を目指す
(2)SoE型システムに対応する開発力を強化する
3. 新規事業創出への挑戦
(1)体制強化よる戦略・企画立案力の向上
(2)アライアンス・M&Aの活用による、新規事業創出のスピードアップ
4. 挑戦の主役となる社員を輝かせる
(1)重要プロジェクトへの抜擢人事
(2)技術専門のキャリアパス制定

同社は、前中期経営計画を振り返り、既存事業については、一括請負案件のマネジメント強化や役務赤字案件の契約条件改善などで堅調に伸長した一方で、新規事業の創出については実現できなかったとしている。これについては、インバウンド向けのスマートフォンアプリ 『LocoBee』をリリースしたものの、アクティブユーザが伸びず、外部環境や市場調査の結果、ベトナムに特化したWebマガジンへシフトし、新サービス創出・研究開発活動を通してビジネスモデルの見極めを実施中とのことである。

既存事業が堅実性を求められるのに対して、新規事業はスピード経営など発想の転換が必要であり、後述するマネジメント体制の変更を含め、今後は「挑戦的」な組織・人事体制で新規事業を推進していくという同社の意気込みを感じさせる計画であると弊社では見ている。具体的な施策については今後明らかにされていくものと考えるが、良好な財務状況・豊富な資金をベースに、アライアンス・M&Aなどを積極的に推進していくものと見ている。まずは、新体制下での1年目、2020年9月期の動向に注目する。なお、新中期経営計画の最終年度目標値として明示しているものではないが、前中期経営計画に引き続き、長期的に「売上高100億円企業」を目指している。

2. 新経営体制
同社は2019年10月1日付で新経営体制に移行した。内容は、1)前社長の山田亨(やまだとおる)氏が会長執行役員へ、代表取締役社長執行役員に齋藤良二(さいとうりょうじ)氏、代表取締役副社長執行役員に三澤昇平(みさわしょうへい)氏が就任。2)担当領域を、社長:ITソリューション事業(既存事業)、副社長:ITサービス事業(新規事業)の2名体制とし、それぞれ自らの担当領域に集中し、意思決定を行うことで、ベストな選択を目指す、というものである。このほかの執行役員クラスも大幅に入れ替えがあり、人心を一新し、新中期経営計画の推進に邁進するとのことである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »