株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三協立山---+1σの水準までの調整で過熱感和らぐ  1月22日09時08分

利食い優勢。1月10日高値1535円をピークに、直近急伸に対する利益確定の流れが継続。ただし、足元の調整によってボリンジャーバンドでは、+3σ突破の過熱水準から、+1σの水準まで下げており、過熱感は後退している。週足の一目均衡表では雲を上放れており、転換線が支持線として意識されている。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »