株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ファミマ---大幅反落、株価の割高感を背景に米系証券では「売り」推奨  1月23日14時34分

ファミマ<8028>は大幅反落。メリルリンチ日本証券ではコンビニ3社のカバレッジを再開としており、セブン&アイ・ホールディングス<3382>を「買い」にする一方、ローソン<2651>とともに同社を「アンダーパフォーム」としている。同社の目標株価は1900円と設定しているもよう。堅調な利益成長軌道にあるものの、現状のバリュエーションは、利益上振れを十二分に織り込んでいると判断しているようだ。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »