株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NTL Research Memo(8):R&Dを重視しつつ積極的に配当を実施し、将来的には配当性向30%を目指す方針  1月23日15時18分

■株主還元策

日本テクノ・ラボ<3849>は研究開発型の企業として、将来の事業拡大及び企業体質強化を図るための内部留保を確保しつつ、株主への利益還元を行っていくことを基本方針としている。このような方針に基づき、2020年3月期の1株当たり配当金は5.0円の復配を予定している。なお、2021年3月期の1株当たり配当金は30円(配当性向25.0%)、2022年3月期は50円(配当性向27.8%)を目標としており、将来的には配当性向30%を目指す方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »