株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADプラズマの上値指向際立つ、大手半導体の設備投資再開でプラズマ電源装置急回復  1月23日10時57分

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>は上値指向の強さを際立たせている。今月14日にマドを開けて急騰したが、その後も目先筋の利益確定売りを吸収、マド埋め拒否のまま株価水準を切り上げている状況。半導体向けを主力とする高周波プラズマ電源装置のトップメーカーで、ここ台湾の半導体受託生産世界トップのTSMCや半導体やワイヤレス機器向けの検査装置大手の米テラダインの決算を受け、半導体市況回復への期待感が一段と強まったことが追い風となっている。同社は大手半導体メーカーの設備投資再開の動きを捉えて受注回復が顕著、20年8月期営業利益は前期比85%増の10億5000万円と急回復見通しにある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明日の株式相場戦略=“コロナ関連相場”の裏で注目しておきたい株
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にアゼアス
コランダムが反落、19年12月最終損益は計画下振れで赤字に転落


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »