株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

国際帝石、石油資源など安い、WTI原油が連日の大幅安を嫌気◇  1月28日09時12分

 国際石油開発帝石<1605.T>、石油資源開発<1662.T>など資源開発関連株が安い。中国で発生した新型肺炎の感染拡大を背景に、株式市場では世界的にリスク回避の売り圧力が強まっているが、原油市況もリスクオフ環境のなか下値を探る展開となっている。前日のWTI原油先物価格は5日続落となり、連日の大幅安で1バレル=54ドル台まで水準を切り下げた。これを受けて米株市場ではエクソンモービルやシェブロンなどエネルギー関連株が安く、東京市場でも原油市況と株価連動性の高い銘柄に売りを誘発している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレク、アドテストなど半導体製造装置関連が安い、SOX指数が4%近い下落◇
28日韓国・KOSPI=寄り付き2192.22(-53.91)
東京株式(寄り付き)=続落、新型肺炎嫌気しリスクオフ続く


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »