株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 両毛システムズ、SMK、インソースなど  1月29日07時15分

銘柄名<コード>28日終値⇒前日比
両毛システムズ<9691> 3645 +395
20年3月期通期営業利益予想を上方修正。

SMK<6798> 3285 +280
20年3月期通期営業損益予想を1.5億円の黒字に上方修正。

CRI・ミドルウェア<3698> 1942 +32
「CRI ADX LipSync」が
「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトスポット」に採用。

OBC<4733> 4690 -230
10-12月期は2ケタ営業減益に転じる。

石原ケミカル<4462> 1893 -64
第3四半期営業利益は前年同期比27.1%減と減益幅拡大。

小野測器<6858> 654 +97
上方修正発表で業績底打ち期待高まる。

インソース<6200> 3855 +310
第1四半期大幅増益決算で上半期予想を上方修正。

エムアップ<3661> 2910 +110
25日線レベルで押し目買いの動きが優勢。

モバイルファクトリー<3912> 1388 +27
業績上振れ観測報道が好感される。

タカラバイオ<4974> 2211 +116
iPS細胞使った心臓移植手術受け関連銘柄として関心。

廣済堂<7868> 975 +55
麻生が大量保有報告書を提出。

テラスカイ<3915> 3310 +110
第4回新株予約権の取得・消却を発表。

コーエーテクモ<3635> 2825 +45
先行投資による来期以降の成長期待が優勢に。

スルガ銀行<8358> 438 +11
突っ込み警戒感からの買い戻しか。

LIXILビバ<3564> 2156 +116
LIXILグループの再編期待など思惑視も。

KOA<6999> 1246 -99
10-12月期実績や1-3月期見通しを嫌気。

コシダカHD<2157> 1670 -114
カーブスのスピンオフの影響見極めたいとの動き再度優勢に。

デジタルアーツ<2326> 5250 -220
決算発表控えて信用買い方の見切り売り圧力強まる。

大幸薬品<4574> 4055 -365
ウイルス対策関連として直近人気化の反動。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »