株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発、欧米株高受け目先買い戻し局面に  1月29日11時48分

 29日前引けの日経平均株価は前営業日比109円81銭高の2万3325円52銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は5億118万株、売買代金概算は9314億3000万円。値上がり銘柄数は932、対して値下がり銘柄数は1128、変わらずは95銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は前日まで2営業日で日経平均が600円の下げをみせていたこともあり、値ごろ感からの押し目買いや空売り筋の買い戻しが優勢となった。新型肺炎の感染拡大に対する警戒感は払拭されていないが、前日の欧米株市場が総じて高かったことで、過度な不安心理が後退した。ただ、上値も重い。値下がり銘柄数が値上がりを上回り、全体売買代金は1兆円に届かなかった。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が高く、東京エレクトロン<8035.T>も買われた。安川電機<6506.T>、日本電産<6594.T>も買い優勢。小野測器<6858.T>が一時ストップ高に買われ、日本エンタープライズ<4829.T>も活況高、レノバ<9519.T>も物色人気に。半面、村田製作所<6981.T>が冴えず、アドバンテスト<6857.T>も軟調。オリエンタルランド<4661.T>も値を下げた。インソース<6200.T>が急落、日東紡績<3110.T>、信越ポリマー<7970.T>、アンリツ<6754.T>なども売られた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日エンターに大口買い流入、ドコモCSとキッティングRPAツールの年間契約を締結
東エレク、スクリンなど買われる、米半導体関連株高を受け投資資金流入◇
東京株式(寄り付き)=反発、米株高受け過度な不安心理が後退


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »